イングランド&ポルトガル・サッカーコーチブログ

イングランドとポルトガルのプロサッカークラブでのコーチ経験や、大学で学んだ内容を発信していこうと思います。

今シーズンが終わりました。

 

こんにちは。

 

先日、僕が働いているボアヴィスタBの2017-18シーズンが終わりました。

ボアヴィスタのトップチームが所属する1部リーグから3つ下のポルトガル4部リーグで、3位という結果に終わりました。

 

まず、やっと、やっと、やっと、終わった。

という感想です笑

長かった、本当に笑

 

12月23日に試合があり、26日から練習が再開、30日にも試合。1月1日に分析レポートを書いて、2日から練習も始まるような生活でした。クリスマスも正月もなかったです笑

(そして、そこに入り込む山のような大学院の授業と試験とレポート…。)

 

反省することは数えきれないほどあります。

大きく分けて、二つ。

まずは、優勝できなかったこと。

そして、1部リーグで十分活躍できるような人材をトップチームに送り込めなかったこと。

 

 

ただ、色々なことを学びました。ここではとても書ききれないぐらい本当にたくさんのことを学びました。人としても、サッカー人としても。特に、監督からは本当に本当に、たくさん、たくさん。自分をチームに受け入れてくれ、可愛がってくれ、何から何まで学ばせてくれた監督には、感謝してもしきれません。彼に出会えたというただこの一点のみでも、ポルトガルに来て良かったと心の底から思える、そんな人です。

 

 

そんなわけで、学んで学んで学んで、その結果、1年前よりも遥かにサッカーというスポーツが分からなくなりました。何なんですかねサッカーって、結局。自分はサッカーについて何にも知らない、何もできないということを本当に痛感させられたシーズンでした。

 

最終節が終わり、「あぁぁぁぁぁーーー、サッカーまじ分かんねぇぇぇーーー!!!」と叫びながら帰ったその日の夜にふと、(ポルトガルとスペイン、ボアヴィスタバルサという国とチームレベルの差はあれど、)そういえばグアルディオラも同じ4部に所属するBチームの監督をやっていたなぁと思い出し、グアルディオラが監督をやっていた時のバルセロナB(スペイン4部リーグ)の最終戦を観てみました。

 

……そして、その試合を観て、私は閃きました。自分たちに何が足りなかったか。

 

とカッコイイこと言いたいところなのですが、残念ながら何も閃きませんでした笑 閃かないどころか、その試合のせいでさらに、サッカーまじ分からんよ病が悪化しました笑 一体何が優勝チームとの僅かな勝ち点差2に繋がったのか。この「2」という差はどうすれば埋められたのか。まったく分かりません。

 

何もともあれ、最後にチームでフットサル大会とお疲れ様パーティーをやるので、それはそれで楽しみまくって今シーズンを締めくくりたいと思います。コーチ+フィジカルコーチ+GKコーチ+フィジオセラピスト+私で1チーム作って選手たちと戦うので、選手たちのレベルの高さが肌感覚で分かる良い機会ですし、どうせやるなら一泡吹かせてやりたいです笑

 

 

最後に一つ。

私事ではありますが(結婚ではありませんよ!)、6月の頭から7月の頭(もしかしたら中旬?)まで帰国します。

有難いことに既にたくさんのお仕事の依頼をいただいておりますが、この機会に何かお仕事の依頼や、こういうイベントをやって欲しい!というものがあれば、ぜひツイッターでもブログでもご連絡ください。

 

既に決まっているお仕事・イベントにつきましては、随時このブログでもお知らせさせていただきます。

 

それでは。